『佐々木 健二郎 シリーズ 花の肖像 2009-2010年作品』
■メッセージ MESSAGE■

シリーズ「花の肖像」に寄せて

今どき、なぜ花を描くのか。
わたしを知る人からみると、不思議に思われている。わたしは生命に関心がある。生命が一番輝いて美しいときは、十代後半から二十代かと思う。人生において、活力が最高期にあり、生殖能力が強いときでもある。
花も同じなのである。美しく咲く花は人間で言えば、十代後半、二十代にあたる。花は植物の生殖器ゆえに美しく、エロチシズムを感じさせる、と言ったのは確か渋沢龍彦である。わたしが若い女性や花を描くのは生命と美の原点をそこに感ずるからである。
人間が固有の外見を持つように花もそれぞれ外見的特色がある。花はその美しさを誇るときは短くはかない。その短い生命を画面に留め、肖像画のような存在にしたい。理屈を捏ねればそんな風になる。
そのような心境で描いていると言うことになる。

Write to "Portraits of flowers"series

Why do I paint flowers,now?
The people who know me well wonder it.I'm interested in life.I think the most shining and beautiful time in our life is our late teens to twenties. It is the period that we have the strongest vitality and fertility.
It is the same with flowers.The blooming flower is in the time which is to the flower as the late teens to twenties is to a human being. If I remember right,it was Tatsuhiko Shibusawa who said that flowers were beautiful and made us feel eroticism because they were genital organs in plants.The reason why I paint young women and flowers is that I feel the origin of life and beauty there.
As each human has his own characteristic appearance,each flower has its own surface feature. The time which flowers keep their beauty is short and fragile. I want to keep the short life on a canvas and make it be an existence like a portrait.That is about it if I emphasize.
I'm painting in the state of mind like that.
Kenziro Sasaki


佐々木 健二郎 Kenziro Sasaki(美術家)
仙台市出身 ニューヨーク在住
1961年 東北大学教育学部卒
1966年 メキシコ・グナファイト大インスティチュートジェンデ(MFA)
1967・68年 NYCアートスチューデントリーグ/ニューヨーク・東京・京都・仙台その他で個展・グループ展

【コレクション】
NYアートスチューデントリーグ
バリ国立図書館
NYロチェスター工科大
台湾国立博物館
宮城県庁
秋田県穂積コレクション
仙台市文化事業団
秋田市秋田テレビ
秋田県平鹿町

【著作】
「ニューヨークと美術」(里文出版)1990年
「アメリカ絵画の本質」(文春新書)1998年
「これがアメリカの現代アートだ」(里文出版)2002年
「日本文化ニューヨークを往く」(東京キララ社)2006年
「米国クラシック音楽ガイド」(東京キララ社)2009年